差金決済取引

差金決済取引とは、証拠金取引で行われる取引の方法になり、差金決済取引を行うことによって良い評価がされているハイローオーストラリアのような投資による資産の運用に大きな効果を上げる事が可能になります。

こうした取引はCFD(シーエフディー/Contract For Difference)とも呼ばれており、証拠金を証券会社や取引業者預けることによって、その証拠金を担保とし取引を行うものとなります。

差金決済取引の特徴は、株式や債券、通貨といった実際のもの、原資産の取引を行わずに投資を行い、その決済を行うことにあります。
これに対して、現物決済取引では実際の原資産を売買取引を行うことによって、投資を成り立たせることが特徴になります。

現物取引では取引を行った際に、実際の原資産を取引を行うことになるために、例えば100万円の株銘柄を購入し、これが110万円の相場になった時に売ることによって10万円の利益が出ることになりますが、これに対して再度100万円の株銘柄を購入することを行えば、差し引きの金額である10万円、つまり差金だけを利益とすることが可能になります。

しかしこういった投資取引は、原物での取引に対して実体のない取引となる可能性があるために、その実体のない取引を行うためには、それに対しての担保が必要となるのです。

こうした事から、証拠金などを取引業者に預け、その証拠金を担保として、このような差金取引を行うことを可能としたものが差金決済取引という事になります。

わたしたちが行える投資取引で、比較的に身近なものとしてはwww.オーストラリアハイロー.coのようなFXでの投資取引がこうした差金決済取引となり、また株式投資などでも現物決済取引が行われるていますが、証拠金を証券会社などに証拠金や有価証券を預けることによって、差金決済が行える信用取引での投資方法も利用することができます。参考:http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline

こうしたCDFの特徴は、証拠金を預けてそれを担保にして取引を行うことになり、またこれによって売買をした際の利益や損失などの差額分だけを決済して取引が行えることになるため、さまざまな銘柄による投資取引が可能である点になります。

また、証拠金を元にすることによって、安く買って高く売るという方法でその買値と売値の値幅である差益を求める事ができる事はもちろん、高く売ったものを安く買い戻すという売値と買値の差益も求める事ができるために、取引をしている銘柄の相場レートが上昇した際にも下降した際にも、どちらからでも利益を求める事ができます。

このほかでは、証拠金を担保にして、実際の取引よりも大きな数量の投資取引を行うことも可能になっており、これを利用すれば少ない資金額であっても大きな利益を出すことができるのです。